オーダメイドでできる注文住宅の魅力を探る~ライフスタイルハウス~

変わるトレンド

注文住宅におけるこれまでの歴史について

注文住宅にも時代によってそれぞれトレンドというものがあります。かつての高度成長期における注文住宅はほとんどが木造による大工の手作業による逸品といったスタイルだったものです。それからバブル時代には多彩な建材を使用して、モダンなデザイナーズ住宅が多く建設されたものです。そして現在、より実用的な住まいが求められるようになり、それとともに予算をかけずに建てられるものが必要とされています。 外見にもこだわらず、耐震性能などの基本性能重視の堅実な家を求める風潮を受けて、ローコスト住宅とも呼ばれる手頃な費用の注文住宅が増えています。外観はどれも似たようなデザインとなりますが、災害にも強く自然エネルギーを効率良く活用できるものが多く普及しています。

住まい造りの今後予測される動向とは

現在、注文住宅におけるトレンドはふたつ、予算削減と環境対策です。無駄なコストを削った実用的かつ耐久性の高い住宅が求められるとともに、自然環境に配慮しつつ住みやすい住まいが需要を増やしています。これは国の方針でもあるものですが、結果的に光熱費の削減といった生活にもプラスになることにより、需要と供給の利害が一致しているわけです。 今後も注文住宅においては、このような環境に配慮した設計というものが標準装備されてくると見られています。それとともに周辺環境にも配慮した景観の、ある意味没個性となる住宅建設が進められる傾向が見られます。住宅は個のものであると同時にコミュニティを形成するひとつとしての役割を担うものとなっていくわけです。