オーダメイドでできる注文住宅の魅力を探る~ライフスタイルハウス~

それぞれの特徴

注文住宅を建てることができる会社とは

注文住宅は建築士事務所、工務店、ハウスメーカーなどの建築会社で建築することができます。こういった分類の中で一番自由度が高く設計の幅が広いといえるのが設計事務所です。 設計事務所では建築士や設計にかなりの知識を持った人と商談を行うので法律に配慮しながら施主の要望を住宅に反映することができるのです。一般に呼ばれている建築家という人の多くはこの建築士という国家資格を持って活動しています。しかし建築家に明確な定義はないため中には資格を持たずに活動している人もいます。建築士事務所に注文住宅を依頼するメリットとして多くの事務所が施工会社から独立した立場にあるということです。独立していることのメリットとして施主側に立った現場監査が行えるのです。現場に任せっきりということを防ぐことができます。知識が少ない施主にとっては建築士事務所の担当者が自分に代わって現場のチェックを行ってくれるのです。

建築士事務所で住宅を設計するメリット

建築士事務所での注文住宅の建築というと高いというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。実際に建築士事務所に注文住宅の設計を依頼する場合には設計料というものを住宅建築の請負工事とは別に支払う必要があるからです。もちろん、ハウスメーカーでも工務店でも見積もりの中に設計料という項目はあります。しかしその額が桁が一つ異なるくらい金額が跳ね上がっているのです。しかし高いなりには高い分メリットもたくさんあります。使用する材料など細部にこだわってとことん施主の要望を反映した住宅を完成させることができます。ハウスメーカーなどの中には建築の専門知識を持った設計担当ではなく設計に関しては素人に毛が生えた程度の営業担当者が行っている業者もあるのです。当然法律に関する知識もなく打ち合わせをして図面を完成させたもののいざ設計書にした段階で建築できないということもたびたび発生するのです。このような無駄な時間をかけず有意義な商談ができることも建築士事務所で設計してもらう魅力の一つです。住宅に何を求めるのか、何を優先させるのかをはっきりさせて住宅建築に臨む必要があるのです。